指導体制の多様化

学習塾に通う最大の目的は苦手科目の克服であり、最終的に志望校に合格することである。そのためには各教室の指導体制の特徴を調べたうえで、自分に合った学習塾を選ぶべきであろう。特に費用の安さを重視する場合には、10名程度の集団指導を行っている教室を活用するのがポイントである。集団指導の教室で学ぶことで、受験競争で勝ち抜くのに必要な精神力の強さを高めることが可能であろう。しかし個別指導の教室を活用することで、非常に苦手な科目であっても基本から時間をかけて学ぶことが可能である。また1クラスの人数に関わらず、自習室などの設備をフルに生かすのが理想的である。自習室を上手に活用することで、自主的に勉強する姿勢も身に着けられるであろう。

学習塾で学んだことを自宅でその日のうちに復習することで、その内容を着実に身に着けることが可能である。そのために復習するときの創意工夫が、苦手科目の克服に直結するであろう。特に基本的な知識を身に着けたいときには、ノートにその内容をまとめたり、単語カードなどを活用するのが効果的である。また算数や数学などでは、自宅で計算練習を行うのが有益である。また学習塾で学んだ内容と学校の授業内容を関連付けることで、学校での内申点のアップにも役立つであろう。そして塾で学んだ内容の中でも、間違えた場所を重点的に復習するのが効果的である。学習中のミスをその日のうちに復習することで、問題の解き方もじっくりと理解することが可能であろう。