進め方

現在、取り組んでいることを紹介したいと思います。学習塾では、指導スタイルに応じて、個別指導と集団指導の2つがあります。個別指導とは、講師が少人数の生徒を指導することです。ここで注意が必要なのは、必ずしもマンツーマン指導というわけではありません。1対1の指導は、希望すれば、受講することができますが、他にも生徒が3人で講師が1人の1対3の指導もあります。一緒に勉強する生徒の数が増えれば増えるほど、授業料も安くなります。集団指導は、学校のクラス授業のようなものです。現在、いづれの形態の塾も、それぞれの指導スタイルを取り入れるようになっています。つまり、集団指導塾は個別指導の教室を出したり、個別指導塾は集団指導の授業を取り入れたりしています。

学習塾の有効活用について書いていきます。これは入る前に学習塾をしっかりと調べることが大切です。その学習塾がどのようなスタイルの授業を行っているのか、料金体系はどうなっているのか、講師はアルバイトなのかどうか等、いづれも非常に重要なことです。指導スタイルが個別指導か集団指導か、あるいは集団指導塾であっても個別指導を導入していたりします。また、料金体系は個別の場合は、生徒の数が多くなれば、集団指導に比べて安価になります。さらに、講師がアルバイトか正社員かで授業の質が問題になってくるので、しっかりと調べてみてください。これらを入念に調べた上でどの学習塾に入るかを決めれば非常に有益な結果につながります。